発達障害、自閉症スペクトラム、ADHD、知的障害のゆっくりさんの子どもとその家族の小さな小さな足跡です👣

LITTLE LITTLE FOOTSTEPS

ADHD おすすめ 自閉症スペクトラム

テレビを見るのを終わりにできない辞めれない時に 自閉症児とテレビ

更新日:

ちょっと前にTwitterでフォローしている自閉症スペクトラムの子を持つ親の誰かがアップしていたツイートで、「テレビを終わりにする時に使うカバー」があり、家にも絶対に必要と導入してみました。

基本的には常にテレビは付けっぱなしで更にiPadやiPhoneまで同時に見ている娘たちには、こんな布程度では通用するわけではないと思っていたのですが…

試しに使ってみると初日はちょっとごねたものの、二日目からは寝る時間になってテレビにカバーをすると、自分のお気に入りの本や玩具を持って寝室に行くようになりました。

今では、テレビにこの布を掛けると「おやすみ」と言うようにまでなりました。
やっぱり視覚支援の一つと言うか、見てすぐに解り易いのが自閉症スペクトラムの娘にとっては言葉で「テレビ、お終い」と言うよりずっとわかりやすいのかもしれません。

最初は、何かテレビを見ることを諦めるような感じだったのに、今ではこれが一つの合図となっているようにスッキリと次の行動が出来る様になっています。
絵や写真での視覚支援は、自閉症児にとって絶対伝わり易くて、解り易いのはわかってはいるものの、親の方が面倒くさくなったりとか、忘れてしまってできていません…

とってつけたように、色々とやってみてはいるものの中々、定着していません。
それでも時間を掛けて親子共々、楽しみながらできたら良いと思います。
強制的になったり、絶対にやらなくちゃいけない!となると自分の性格的には途中で辞めてしまいそうなので…

まだ昼間はテレビのカバーを試してはいないけれど、少しずつご飯の時などもテレビを消せるようにチャレンジしていきたいと思います♪
そもそも親はテレビを見ながらご飯を食べているのだけれど…
なんとなく子供にはいけない様な気がしています…
気が付くと、小さい頃に親に対して「なんで大人ばっかり」と思っていたことをいつのまにか自分でもしてしまっているわけです☹

-ADHD, おすすめ, 自閉症スペクトラム
-

Copyright© LITTLE LITTLE FOOTSTEPS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.