発達障害、自閉症スペクトラム、ADHD、知的障害のゆっくりさんの子どもとその家族の小さな小さな足跡です👣

LITTLE LITTLE FOOTSTEPS

5歳 ADHD 小学校 発達障害 自閉症スペクトラム

国立大学附属特別支援級の見学会と受験

更新日:

国立大学附属特別支援級の受験

まだ今年の話ではないけれど、国立大学附属特別支援級を受験すること自体をちょっと前に諦めました☺︎

見学に行ってみて、国大の様子を見てみた感想的にはめちゃくちゃ良い感じだなと思っていました。

もちろん受験しても合格する可能性は極めて低いけれど、もし行けるなら行きたいなと思っていました。

とりあえず、受かるかも知れないし、まだ再来年のだし、娘も成長してるかも知れないしチャレンジしてみるのもありなのかも知れません。

先日、ママが現在、国大に通っている子どもの親と話しができるチャンスがありました。

環境やカリキュラムなどは、やっぱり、他とは比べ物にならないくらいに良いそうです。

ただし、親の協力が必要不可欠で毎日の様に学校に行かなくてはいけなかったり、役員やPTAだけでなく、本当に親が付きっきりで一緒に頑張って行くようです。

そうなると、うちは年子の妹がいるので、送迎や幼稚園のイベントなども踏まえて、かなり厳しい状態です。

なので、うちは国立大学附属特別支援級の受験自体を辞めました。

今の時点でも、いくら頑張っても、確実に障害のある姉の方が接する時間が多くなってしまっています。

綺麗事で姉妹を対等にとは言っていても、現実、我が家は当然のように、妹にお姉ちゃんに付き合ってもらう事がかなりあります。

これから先もそれを解決する術は今の所ありません。

妹との時間も大切にしたいと思ったら、諦めなくてはいけないこともあって、今回はこの国立大学附属特別支援級です。

家族の目標は、無理をしないことなので、そういう意味でも、キャパオーバーだと最初からわかっている事を背伸びしてやる必要ないなと。

まーっ、そんな事、言わなくても普通に落ちてしまうだろうけど☺︎

国立大付属の小学校に学校見学

まだ来年ではなく再来年のことだけれど、小学校の学校見学があったので参加してみました☺

行ってみたら、期待していた希望が消えるどころか、行かせたいなと言う気持ちが勝ってしまうような場所でした👣

何で、そのような言い方をしてしまうのかと言うと、倍率がかなり高くほとんど入れないからです。

だから、正直、期待はしていたけれど、見学をしたら案外、そうでもなかったらすんなり諦められるのになぁという気持ちもありました。

でも、学校見学に行ってからはとりあえず、やれるだけのことをやってみようという気持ちが更に強くなりました☺

もちろん、受かるかどうかはわからないけれど、後悔しない様に親がやれることはすべてやってあげたいと思えるような学校でした♪

入ってみなければわからないこともあるけれど、学校見学では、実際の授業をしている生徒の様子を見ることができました!

自分はまだこの学校しか知らないけれど、生徒はキラキラしていて、楽しそうにしていました☺

細かい設備とかカリキュラムよりも、生徒が何だか楽しそうにしていて、それが一番魅力的でした♪

娘も入れたらいいな…やっぱり、どうしても期待しちゃうなぁ…

 

-5歳, ADHD, 小学校, 発達障害, 自閉症スペクトラム
-

Copyright© LITTLE LITTLE FOOTSTEPS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.