発達障害、自閉症スペクトラム、ADHD、知的障害のゆっくりさんの子どもとその家族の小さな小さな足跡です👣

LITTLE LITTLE FOOTSTEPS

6歳 ADHD 家族 小学校 発達障害 自閉症スペクトラム

お姉ちゃんと同じ小学校に行きたい!と幼稚園の妹から言われる!姉妹児の進路

更新日:

妹から「お姉ちゃんと同じ小学校に行きたい!行けないの?」と質問されました。

相変わらず、そう言った予想出来る質問の答えもちゃんと用意できておらず、「行けないんだよね、お姉ちゃんはお姉ちゃんに合った小学校に行くんだよ」とよくわからない答えを言ってしまいました…

当然のことながら、納得せずに「なんで?」と何回も聞かれました。「Aちゃんは喋れないから?」とか「療育センターだから?」とか色々と理由を聞いてきました。

本人も既にお姉ちゃんが他の幼稚園のお友達にいるお姉ちゃんやお兄ちゃんとはちょっと違うのを知っているのでしょうし、羨ましいと思う場面もたくさんあるようです。
なので、公園なので年上のお兄ちゃんやお姉ちゃんがいると遊んでもらいたくて、自分の姉の存在を完全に忘れて一緒に遊ぼうとします。
やっぱり、一緒に遊べるお姉ちゃんの存在をどこかで飢えてるのでしょう。

もし姉妹で同じ小学校にいけたら、安心感だったり孤独感は埋められるのかも知れません。逆に自閉症スペクトラムのあるお姉ちゃんを理由にからかわれたり、嫌な思いをしたり、馬鹿にされたり、イジメの理由になったりするのかも知れません。

我が家は妹のお姉ちゃんと一緒に小学校に通うと言う希望を叶えてあげることは出来ないけれど、その分寂しい思いをしないように何かケアしていける方法を見つけていかなくては💪

幼稚園入園

今日は妹の幼稚園の入園式でした☺

特に、去年一年間は、保育園にも週三回くらい通ったので、不安もなく、心配もしていませんでした。

とにかく先頭を仕切って、我先に一番に何かをやろうとしている妹の姿を見て、頼もしさすら感じました。

それでも、妹もまだ三歳です。

何かあったら、っていうよりは何か起きてしまう前に、幼稚園を休んでいい環境を作っていきたいです。

妹も無理はしないで、気楽に幼稚園に通ってくれたらいいです☺

問題は調子に乗りすぎて、他の子というよりは、先生とかにウザがられないかです…

まぁ、何にせよ今日も楽しそうにしている姿が見れたので、あんまり心配はありませんでした☺

 

そして入園式やクラスでの様子を見ていると、割合的には丁度10人に1人くらい、良く言えば個性的な子がいました。

もう悪い癖ですが、発達障害、自閉症の子どもと接している機会が多いせいか…

そういうフィルターを通して子どもを、いつのまにか見てしまうことがあります。

あれっ?と感じてしまうことがあります。

合っているかどうかはわかりませんが…共通点を見つけてしまったりするのです。

あの子が耳を押さえているのは、入園式が嫌なんじゃないのではとか…

医師でもなんでもない素人の自分でも、何か感じてしまうことは、もしかしたら、発達障害の子どもを持つ親のあるあるなのかもしれませんが…

良くない癖なのはわかっているのですが…どうしても目に入ってしまいます。

 

同時に、感じたのはやっぱり一つ上のお姉ちゃんは、幼稚園は難しかったなということです。

それは年中ではなく、一つ下の年少の学年を見ていてもです。

最初から選択肢には、お姉ちゃんは幼稚園は全くなかったけれど、

あの空間に対しては、きっと辛さや大変さの方が多いでしょうし、じっとしていることなんて苦痛で仕方がないでしょう。

それをしなくてはいけない幼稚園に入れるのは、うちの子には、やっぱりあっていないと感じました。

今日、妹の入園式で再確認できたのは、やっぱりお姉ちゃんは療育センターで間違えてなかったということです。

けして、療育センターなら、じっとしていなくていいというわけではありません。

ただ、娘の特徴や性格などを理解したうえで接してくれるのと、そうでないのとでは大きく異なると思います。

そういう意味でも、今日、幼稚園に行って色々と知ることが出来ました☺

 

幼稚園の入園が決まった☺︎

image

下の子の、幼稚園が決まりました☺︎

来年度から幼稚園に通います👣

二次面接とか特には心配していなかったけれど、やっぱり入れるとわかったら安心しました☺︎

周囲の話を聞くと、もう一つの近所の幼稚園は前の日の20時くらいから、朝の9時過ぎまで並ばないと、兄弟児とか卒業生の枠がないと厳しいみたいです…

上の子は、最初から療育センターなので、行けなかったらどうしよう?という特別な緊張感は少なかったけれど…

幼稚園でも保育園でも、行きたいところにみんなが行けるわけではないので、やっぱり、せめぎ合いや駆け引きもあるようで、ママ達も大変そうです…

でも、どこが良かったかなんて、結果論でしかないから、どこでもポジティブに考えてここを選んで良かったと考えるしかないんだと思います☺︎

妹の幼稚園選び

image

下の子の幼稚園選びをしなくてはいけません☺

と言っても、近所の幼稚園の二択なのですが、正直、プレ保育にはママはお姉ちゃんの療育センターに付いて行っているから

なかなか良いタイミングがありません。

 

今日は、もう一つの幼稚園の体験に行ってきたようで、プールもあったみたいでそれなりに楽しんでいたみたいです。

下の子は、おそらく定型です。これについては誰かに診断を受けたわけではないので、ただの親の判断でしかないのですが、

三歳児検診もまだ行っていないのですが、おそらく定型です。

この先、もしかしたら実はなんてこともあるかもしれないけれど、まぁ、それはそれで☺

上の子が発達障害というフィルターをかけて見たとしても、言葉も理解も含めて一般的な三歳児のレベルにはとっくに届いていると思います。

自分もそうだけれど、二番目の狡賢さなどは、良くも悪くもしっかりと兼ね備えています☺

だから、どちらの幼稚園に行っても、きっと上手くやれるとは思うけれど、どっちが良いかの決定打が出るとよいな…

 

お姉ちゃんみたいに療育センター一本っていう方が、逆にわかりやすいです。

選択肢があると、どっちも良い所も悪い所もあってやっぱり迷ってしまいます☺

下の子の保育園が始まった

image

年子の2歳の下の子の保育園が今日から始まりました☺︎

上の子の療育に行っている間の週3回位、保育園に行きます👣

妹は、恐らく定型で、既に体の大きさや身体能力系の運動以外は全てお姉ちゃんよりも早いです。

お喋りも、コミュニケーションも取れるし、積極的に年上の子と友達になって遊ぼうとします。

だから、保育園も余裕だろうと思っていたのですが、初日はかなり泣いたみたいです。

まだ、慣らしだから半日の午前中だけだったけれど、既に明日はちょっと嫌な感じを出しています。

もう、我慢しているのが見え隠れしています。

ただ、明日はお姉ちゃんの療育センターの入園式なので、保育園に頑張ってもらいます。

その代わり、明日はパパも仕事をお休みを貰えたしお迎えに行って、好きな所に連れてって好きなソフトクリームを買って食べようと思います☺︎

どうしても、下の子の方が色々と後回しになってしまっているのを、わかっていながらも、つい当たり前に出来てしまっていることに甘えてしまっているなー。

自分も二番目なので、兄の方が優先だったのが嫌で仕方がなかった癖に、いざ、親になったら結局、自分の子どもにも同じ事をしてしまっているなぁ。

って言うか、二番目は上を見ながら狡賢く育つんだと、自分と置き換えて、下の子わ同じように考えている時点で、確信犯です…

ただ、自分とは違うのは女の子だし、お姉ちゃんが発達障害です。

兄弟や姉妹の心のケアも大切だと言う話をよく聞きます。

それを踏まえて、下の子の事ももっと考えないといけないなと思います。

なんか、お姉ちゃんと違って、放っておいてもグイグイ来るから、大丈夫だと過信してしまいます。

これを書くのも日を跨いでこの時間になってしまっているのもちゃんと反省しないと。

こうやって、敢えて文字にすることで、特に下の子との時間は有限実行していくようにしよう☺︎

 

 

-6歳, ADHD, 家族, 小学校, 発達障害, 自閉症スペクトラム
-

Copyright© LITTLE LITTLE FOOTSTEPS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.