発達障害、自閉症スペクトラム、ADHD、知的障害の子どもとその家族の小さな小さな足跡です👣

LITTLE LITTLE FOOTSTEPS

6歳 自閉症スペクトラム

自閉症の娘の喋っているのはテレビやアニメの台詞?

投稿日:

ダンボールで作ったロボット

自閉症スペクトラムの娘の言葉はゆっくりだけれど、着実に増えています。

ただ、一人で遊んでいたり、鏡を見ながら何か喋っているのを聞くとほとんどがテレビ番組やアニメの台詞を真似していることがほとんどです。
なので、娘の大好きなおさるのジョージの黄色い帽子のおじさんの台詞っぽいのは頻繁に登場します。
そして、最近ではパパをジョージと呼ぶ事も増えてきました😀

〇〇だぞ!ジョージ!とかはよく言っている台詞の1つです。
また、Eテレのお姉さんの言葉などを真似して喋っている事も結構あります。

テレビ番組やアニメの台詞でも言葉が増えていることは間違いないし、しばらく楽観的に様子を見て行こうと思います。
使える場面にあった言葉を徐々に見つけていけたら良いのだと思います。

成長していく上での順番や段階とかは気にせずに、本人のやり方で進んでいくのが良いのだろうと思います。

けして、山の頂上を目指しているわけでは無いし、そもそも登っている山すら異なるのだから、時間や登り方やルート、休憩する場所とか周りの真似をする必要性もないのかも知れません。
無理をして上に登らなくても、居心地の良い場所を見つけられたらそれはそれで良いような気がします😀

テレビやアニメを見る事で、台詞を真似する事で言葉がもっと出てくるかも知れないし、いつか会話に近いものも出来るかも知れません☺︎

それに、寝る前や朝起きた時に娘に「大好き」言うとものすごく嬉しそうな顔をします❤️少なからず、台詞だけじゃなくこの言葉の意味は伝わっているのだと思うと、それだけでビール3杯くらいやれそうです🍺

-6歳, 自閉症スペクトラム
-

Copyright© LITTLE LITTLE FOOTSTEPS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.