発達障害、自閉症スペクトラム、ADHD、知的障害のゆっくりさんの子どもとその家族の小さな小さな足跡です👣

LITTLE LITTLE FOOTSTEPS

6歳 ADHD 発達障害 自閉症スペクトラム

あえて近くで見たり、視界の一部を手で隠して見たりする自閉症児の見方

更新日:

娘だけに限らず、自分が知っている限りの自閉症スペクトラムの子でテレビや本屋や玩具などを本当に顔と言うか目の前に近づけて見てみたり、超近距離で本当に目の前と言うかくっつけるようにしてみたりする姿をよく目にします。
また、うちの場合は人形の体の一部分やテレビ画面の一部分を手の平で隠すようにして見ている場面があります。
人形で言うと体の部分や顔の部分を手で隠すようにして見てみたり、おさるのジョージやアンパンマンでも好きな場面の一部分を手で見えなくして、その下から見てみたりします。
ただ、手の平で隠す行為や、めちゃくちゃ至近距離で画面や物を見るのをやっているのは、本当に大好きな人形だったり、本だったり、テレビやiPadの画面だったりするので嫌なことを隠しているわけではなさそうです。
むしろ、本当に好きな一点だけをフォーカスして見るために、それ以外の情報を敢えて見えなくしているような感じです。
親の勝手な想像だけで当の本人にしたら、まったく理由は異なるのかもしれません。
ただ、この仕草は見ている物や種類は違うにせよ自閉症児が遊んでいる時に良く見る光景なのは間違いありませんし、何かしらの意味があるのだと思います。
あっ、またやってる!とは思うものの、なかなか写真に収めるのは難しいのです…

-6歳, ADHD, 発達障害, 自閉症スペクトラム
-

Copyright© LITTLE LITTLE FOOTSTEPS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.