発達障害、自閉症スペクトラム、ADHD、知的障害のゆっくりさんの子どもとその家族の小さな小さな足跡です👣

LITTLE LITTLE FOOTSTEPS

5歳 ADHD 発達障害 自閉症スペクトラム

初めて障害児専門の歯医者さんに行ってきました!自閉症児と歯医者

更新日:

先日、初めての歯医者さんに娘と二人で行ってきました。

今すぐに歯が痛いとか染みるとかそういうことではないけれど、右の奥歯の一番奥が茶色く汚れてしまっているので、

出来る限り早い段階で治療を開始しようと、一般の歯医者さんではなく、障害児専門医を予約しました☺

基本的に、病院の白衣の先生や空気感が大嫌いな娘は一般的な歯医者さんでもきっと大暴れしてしまうだろうし、

今回は無理にチャレンジする必要もないので、最初から専門の所にしました。

ただし、今回は予定外でママが風邪を引いてしまってパパと二人で行くことになりました。

初めて行く場所だったので、受付に入った瞬間に娘にとって不穏な空気を読み取り、ずっと落ち着かずにソワソワしていました。

土曜日だったため、診察を受けに来ている人が沢山いましたが、子どもからきっと30代か40代くらいまで、きっとみんな何かしらの障害を抱えている方たちです。

ドアから他の患者さんと話に先生たちが出てくるたび、娘は「クルマ」「おうち」「ミージャ(アンパンマンのDVDのキャラクター)」などの単語を連発して帰りたいアピールをしていました。

初診なので記入しなくてはいけない書類も沢山あったので、一人にしてしまう時間も多かったのも不安にさせてしまった原因です。

とにかく、病院や白衣の先生が嫌いだということを最初にアピールしていたので周りの声やドリルの音が聞こえない個室で検査をすることになりました。

担当の先生に呼ばれると、なんとか走って逃げようとしていましたが…

パパが抱っこして泣きわめいて、足をバタバタさせて暴れる娘を奥の個室の診察室に連れて行きました。

担当の先生3人とパパの合わせて大人四人でかわいそうですが、体を診察台の上で抑えて検査をしました。

娘も必死に抵抗をしようと口をずっと開けませんでしたが、さすがに大人4人がかりでは無理だったのか

口を開けて泣いていました…が、特に検査だけだったので痛いことをされなかったので、

3分程度の検査が終わった後はちょっと「あれ?もう終わり?」とびっくりしていました☺

結果的には一番奥の歯はまだ汚れているだけですが、今後は虫歯になってしまうだろうという話でした。

これから月一回くらいのペースでフッ素を塗ったり馴らしながら治療をしていこう。

最終的にはもっと成長して歯医者さんが大丈夫になったら民間の歯医者さんでも治療できるようになることが目標です。と話してくれました。

 

いつもの病院だったら診察が終わったら逃げるように、診察室から出ていく親子でしたが…

今回は、これから先の目標があるため、すぐには診察室から出ずに慣れるための時間をくれました。

部屋の中を自由に動いたり、歩いたり、リラックスする時間を作ってくれました。

理由は、「泣きながら診察室や病院から帰って、嫌な思いを残すのは次回来るときに良くない」というものでした☺

自分は娘は病院は嫌いだから出来るだけいないようにすぐに帰ろうと今まで思っていたので、反省しています…

担当の先生の考えは今だけでなく本当にこれから先の目標を見据えたものでした。

さっきまで泣きながら大暴れをしていた診察室で5分位遊ばせて?もらうと娘はもう泣くこともなく、

もう一人の担当の先生にうがいの仕方やグチュグチュを教わっていました☺

最終的には先ほど散々暴れた診察台の上で寝っ転がって歯磨きをしてもらっていました。

まさか、娘と先生がこんな風になるなんて想像もできなかったから本当に驚いてしまいました。

スマホでその動画や画像を撮影することも許してくれて、次回来る前に今度はちゃんと説明して来てくださいと言われました。

診察が終わった後、待合室では一回も泣くことはありませんでした。

病院を泣かないで出るのなんて本当に久しぶりのことです☺

帰りは車まで娘を肩車して歩きました👣

これから先、きっと娘は歯医者さんは長いお付き合いをさせて頂くことになると思います。

本当に目標の通り、歯医者さんに来ることが大丈夫になったらすごいことです☺

でも、なんだかこの日担当してくれた先生たちの様子を見ていたらそれができるような気がしました☺

 

-5歳, ADHD, 発達障害, 自閉症スペクトラム
-

Copyright© LITTLE LITTLE FOOTSTEPS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.