発達障害、自閉症スペクトラム、ADHD、知的障害のゆっくりさんの子どもとその家族の小さな小さな足跡です👣

LITTLE LITTLE FOOTSTEPS

4歳 ADHD 発達障害 自閉症スペクトラム

ADHDの診断結果が出た 自閉症の娘にADHDの診断も付いた

更新日:

娘は、既にADHDと診断されています。

落ち着きはないし、そうだと言われても別に何とも思わないし、逆にADHDとは違うといわれた方が違和感です☺

しかし、先輩ママの話ではADHDの判定はなかなか付いている子は少ないらしく、

うちがADHDの判定をされていることをママが言うと、みんながびっくりして「嘘でしょ?」「どの先生?」みたいになったようです。

特に女の子のADHDのこの時期の判定は少ないようです。

 

個人的には、怒られそうだけれどADHDでもそうでなくても「どっちでもいい」です。

先生によって診断基準が異なるのであれば、むしろ、ADHDが付いていた方が、しっかりと対応してくれるのであれば

そういう判定になってた方が安心です☺

 

発達障害の診断基準は全くわからないし、どういうチェック項目でADHDなのとかも、自分は全くわからないけれど

結局、担当の心理士の先生がそう言っているのだし、別に違うと判定された所で、落ち着いてじっとしていられるわけではないし。

 

どうせなら、うちの娘には、心理士さんにはADHDとかIQの数値とかじゃなくて、

第三者から見て、子どもの本当にメンタルの状態がどうなのか、親にはわからない専門的な意見が欲しいです。

興味を持っている好きなこととか、ストレスを感じていることとか…

親の方が普段から見ているとしても、専門的なことはわからないから、そういうことを教えて欲しいです。

それがただ、診察のその瞬間で判断基準に当てはまったかだけのチェックなら、

そもそも検査自体が病院嫌いな娘にとっては絶対ストレスなのだし、もっと長いスパンでも良い気がします☺

 

とはいえ、そうやって診察をしてくれる病院を自分で探さなくてはいけない地域もあるのだから、

療育センターと言うものがなく、医療は自分で専門の医師を見つけなくてはいけない場所もあります。

だから、診察を定期的にちゃんと受けれるだけで、本当にありがたいことなのかもしれません。

感謝とともに、どうせならもっと良くなったらいいなという希望を込めて書いています👣

-4歳, ADHD, 発達障害, 自閉症スペクトラム
-

Copyright© LITTLE LITTLE FOOTSTEPS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.